宇宙科学研究所に行ってきた。

いやごめん。
かなり情報が違ってた。
まず名前。宇宙科学研究所じゃなくって株式会社 野村隆哉研究所。
そして場所。岐阜の山奥じゃなく滋賀県湖南市三雲。どこだ-ここっ!!
なんか忍者が出そうなとこだ。
京都大学で完成させた木材の燻煙乾燥の創始者(京都大学木質科学研究所・木質バイオマス研究部門・物性制御分野)野村隆哉さんの自宅。

  
こんな感じのとこなんだけど
それにしても情報が少なすぎた。
来ている車のナンバープレートを見ると、大阪、神戸、岐阜 なんともワールドワイドだ。?
写真のいかにも研究所ってところじゃない場所での試奏だったけど、そこに集まった人たちは、ハープ奏者、バイオリニスト、アコースティックギタリスト*2 そして・・・・・・・
ハードロックベーシストのオレ。
なんで????
とりあえず始まって、自己紹介でツカミだけはつかんで 演奏。
演奏はどうアレ 講釈だけは得意なので、だらだらしゃべって終わり。
異種格闘技戦みたいな。 数年前にベース一本持って jazzセッションに飛び込んだ時のことを思い出した。
ひと通り演奏が終わったら 食事の準備をし始めてくれた。
テーブルに並べられてるものを見て、一緒に行ったSonidono山本さんが、オレこういうのダメだって言い出した。
たしかに爺さんにはバーニャカウダーとかはキツイだろうな。
オレもお腹空いていなかったし 明日は朝早くから墓参りなので、じゃあ帰ろうって帰って来ました。
なんだか楽しいい一日旅行をしてきた。


Fukushima
カテゴリー: Blog   パーマリンク

宇宙科学研究所に行ってきた。 への2件のコメント

  1. KAZ KAZ より:

    異種格闘技戦お疲れ様でした(笑)
    もちろん1R、KO勝利だよネ :-P
    しかし先日のG4会議の時までFukuちゃんが本当に宇宙科学研究所でベースを何本も弾くって思ってた俺って…. 8-O

  2. Fukushima Fukushima より:

    行く前に場所を自分なりにシミュレートして、JAZZYなフレーズを作っていったんだけど、他の演奏者はクラッシックでした。
    ポジションマークのない5弦ベースは使い勝手がいつもと違いすぎ。
    実際はベースの音の違いって、ベーシストにしかわかんないかもね。
    特にピックアップ通しちゃうから。
    バイオリンやクラッシックギターはわかり易かったよ。
    音の傾向が加工したものは同じ感じになって、雑味がなく純粋な倍音で粒立ちが良くなってた。
    その音が好きか嫌いかは 人の主観によるからなんとも。

    時間がる時に 記事に追記します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!: